むずかしい病気を見つけたらすぐに病院へ行きましょう

ウィルスとの関係性

子宮頸がんの原因など

女性特有の癌があります。 乳癌や子宮がん、そして子宮頸がんというものがあります。 これは、子宮の入り口にできる癌で婦人科の癌では一番多いといわれています。 子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウィルス感染が関連しています。 ヒトパピローマウィルスとは性交渉で感染する事もわかっており、性交渉経験のある女性は一度は子宮頸がんの検査をしたほうがよいといわれています。 また、性交渉経験のない20歳以下は、予防ワクチンを打つこともできます。 しかし、子宮頸がんは産婦人科でもすぐに検査もでき、比較的発見も早いので死亡率も低くなってきています。 しかし、なかなか産婦人科に行くのは勇気がいるという方のために子宮頸がんの検診法を少し紹介していきたいと思います。

子宮けいがんの検診方法

まず、検診を受けれるのは20歳以上になります。 20歳以上になると2年に1度は検診を受けた方がよいとされています。 問診や視診で子宮の状態を確認した後に、細胞診と呼ばれる診察をします。 これは、ブラシやへらなどで子宮頸部をやさしくこすり細胞を摂取します。 少し怖いと思うかもしれませんがこれは痛みはほとんどなく数秒、数分で終わります。 それから、細胞を詳しく検査し結果はだいたい2週間ほどで分かります。 もし、ここで異常がなければまた2年後に同じ検診を受けます。 異常があった場合は組織診という今度は子宮の組織を摂取して検査する必要があります。 組織診では、先ほどの細胞診よりも確実な結果が分かります。 もし、異常が見つかっても定期的な検診をしていれば進行もすぐにわかるので手術や治療も早期にすることができます。 ですから、一度はきちんと検診を受けることをおすすめします。